通気検査はどれくらい痛いのか?【妊活と不妊治療】

妊活

 

仕事帰りに病院へ

本日は仕事始めでした。午後4時頃から新年会(社内会議室飲み)だったので、私は不参加で病院に行かせてもらいました。

凡退夫婦の家族計画については下記をご覧ください。

 

 

いざ初診

今までの診察結果(私のホルモン検査、夫の精液検査)を説明、とても丁寧に問診してくれました。

夫の精液検査については以下に載せています。

以前の診察結果、こちらの話したことをカルテに詳細に書き込んでくださり、とても良い印象です。

ここには書きませんが、先日夫の精液検査で行った病院が私史上最低の医者だったので、その反動もあり(?)これはとても嬉しかったです。

 

 

診察所見

夫の精液検査は、良い訳ではないが特別悪い訳ではないとのこと。

私のホルモン数値はひとまず大丈夫だけど、排卵に関するホルモンが若干気になる。

人工受精も考えてみたらどうかとのこと。

そして衝撃の一言が…

 

「卵管造影やっちゃいましょうか」

きたー!いきなり!?

しかも時間が決まってるようで、「明日どうですか?」ってそんな急に!

慈悲はないんですか!

卵管造影ってあれでしょ、めちゃくちゃ痛いやつでしょ…痛いの嫌だ…

と思ったんですが、そもそも明日とか仕事抜けられん!ということで流石に明日はパスで。

「それなら来月ね」って…

まじですか…今まで痛い検査は受けなかったのですが、遂に来てしまったという感じです。

そしてもう一度衝撃の一言が!

 

「通気検査やっちゃいましょうか」

私「today?」

先生「yes!」

私「now?」

先生「yes!」

私「でもめっちゃ痛いんじゃ…」

先生「生理痛あるでしょ?それよりずっとましだよ」

ということで、通気検査へ。

通気検査が分からない方はググってください。

まさか初診でこんなにポンポン話が進むとは…

脛毛剃ってないから恥ずかしい!(冬だからタイツだし、夫もそんなの気にしない人だし)

再度「痛いの苦手です!」とアピールしたところ、先生がカルテにメモしてくれました。ありがたや。

 

 

いざ、通気検査!

思ったよりも痛くない!

簡潔に一言。痛くなかったです。

全くというわけではありませんが、2秒ほど「うっ」っという鈍痛があっただけです。先生のおっしゃる通り、生理痛に比べれば屁でもありません。しかも一瞬。

先生も「痛い?」と聞いてくれて調節してくれたようです。

ここで、確信。この病院を選んで良かったー。

 

検査結果

結果は良好とのことで一安心。

先生がお腹に聴診器をあてて、卵管に空気が通ってる音を聞かせてくれました。

この時はまだ、後の苦しみを知らずに「なんだ余裕じゃーん」と調子こいてました。

 

 

通気検査の注意事項

通気検査後問診

検査後、先生から「肩痛くない?」と聞かれました。

その時はなんともなかったのですが、なんでも膣に入れたガスが肩に抜けて痛くなるのだとか。

調べたところによると、痛くなるのは卵管が正常に通っている証拠だとか。

通っているのは嬉しいけれど、痛いのは嫌という複雑な心境。

それから、感染症にならないよう抗生物質を処方されました。

 

帰り道、激痛に襲われる!

肩が痛くなると聞いていたのですが、帰りの電車のホームで少し痛くなった程度で、電車の中でも吊り革に掴まるのに苦もなく帰路につく私。

ところが自宅最寄り駅に降りた途端激痛が!

何これ痛い!

と検査から1時間程経って激痛に襲われます。息を吸うと胸が痛い、肩が痛い。

駅から自宅まで徒歩10分弱なのですが、痛みで前かがみになり、泣きそうになりながらなんとか帰宅。

あまりの痛さで残業中の夫に「痛くて死ぬ」メールを送信。励まされながら、痛みのピークを乗り越えました。

 

 

通気検査の感想まとめ

  • 先生の腕が良ければ痛みはほとんど感じない
  • ただし、検査後1時間程で激痛を感じる
  • 酷い痛みは15分間ほど

痛みは「いたい~、いたい~」と呻きながら泣きそうになるくらいです。

15分間のピークが終わってしまえばなんてことはありません。

とはいっても、やっぱり個人差があるんでしょうね。

卵管が詰まっていると痛いと聞きますし、体験談の一つと捉えてください。

 

コメントする

タイトルとURLをコピーしました