カタログ取り寄せから見る良いハウスメーカー【注文住宅勉強会】

注文住宅勉強会

お得すぎるカタログ請求

suumoの住宅情報誌「月刊 HOUSINGから一括請求した各ハウスメーカーのカタログが続々届いております。

404 NOT FOUND | 手抜き日和。
日々を楽に暮らす

下手な住宅書籍1冊読むよりも、カタログを読んだ方がとても勉強になります。

詳しい内容は別記事で紹介していく予定ですが、無料でこれだけのカタログがもらえるのに少し衝撃を受けました。

注文住宅を考えているみなさん、どんどんカタログを取り寄せることをお勧めします。

今回の記事では、カタログ取り寄せから見えてくる良いハウスメーカーの選び方を考えていきます。

 

 

自分に必要なカタログを考える

カタログを取り寄せる前に、まずは自分に必要なのはどんなカタログなのかを知る必要があります。

カタログの種類は主に2つ。

1つはそのハウスメーカーの実例集や、商品・工法の紹介。そしてもう1つはノウハウの紹介をまとめたカタログです。

ある程度希望が固まっていて、じゃあどこのハウスメーカーが良いんだろうか、と考えている方にとっては前者の実例集を取り寄せるのがいいでしょう。

どんな間取り良いのだろうか、と考えている段階の私にとっては後者のノウハウのカタログが必要です。

 

今回私が請求したハウスメーカー&カタログ

住友林業 「seilist(セイリスト)」

積水ハウス 「収納3姉妹」「トモイエ 共働きファミリーが暮らす家」

アイフルホーム「セシボ 2階建ての住まい」

大和ハウス 「収納読本」

です。カタログ名からも分かる通り、ハウスメーカー独自のものではなく、収納等のノウハウが掲載されているカタログを取り寄せました。

カタログ「自体」のおすすめは、住友林業「seilist(セイリスト)」大和ハウス「収納読本です。

「自体」と前提を付けたのは、カタログの中身以外で判断するポイントがあったからです。はっきり言って、中身の充実度は2の次にしても良いくらい、カタログ請求では重要なことが分かります

以下でそれを紹介していきます。

 

 

カタログ請求から見えてくる良いハウスメーカー

では、実際にカタログが到着してみて「この会社は良い会社だな」または「この会社はちょっと…」と思った理由を書いていきます。(どこの会社がそうだとは言いませんが)

 

仕事の遅い会社は論外

まず最初に注目したのは、「請求したカタログが何日で届くのか?」という点です。

そんなのどうでもいいと思っていますか?ビジネスにおいて「スピード」はかなり重要です。

購入後、不具合があった→ハウスメーカーに連絡した→いつまでも返事が返ってこない、なんてことだと困りますからね。

今回はsuumoから一括請求していますので、各社条件は同じはずです。そんな中で届いた順番は…

① 住友林業

② 大和ハウス

③ アイフルホーム

④ 積水ハウス

でした。ちなみに最初に届いた住友林業と積水ハウスの到着には1週間もの差がありました。

仕事・顧客対応が迅速」というのはあらゆる面で重要ですね。こういうところからその企業の姿勢が見えてきます。

 

どんな方法で送ってくるのか

2つ目に注目したのはこちらです。どんな方法でカタログを送付しているのかによってその会社のコスト意識が分かります

その結果、残念ながら大和ハウスと積水ハウスを候補から除外ことに決めました。

誤解の無いよう前置きさせてもらうと、あくまで私の考えです。そしてカタログの中身はとても役立つものだと言っておきます。

では何故かと言うと、大和ハウスは書留、積水ハウスは宅配便でカタログを送ってきたからです。

これを「丁寧で安心できる、良い業者」だと思う方もいると思いますが、私の感想は全く逆です。

「こんな無駄なコストが建築代金に上乗せされている」ということです。

元来私は、どちらかと言えばブランドにお金を払うよりは、無名でも良い業者を探して技術料にお金を出したい思うタイプです。もちろん、本当にいいなと思うものであるのなら、ブランド物も買うんですけどね。

ですから、莫大な広告費と人件費が建築代金に上乗せされる大手ハウスメーカーで建てる気はもともとあまりないのですが、こうやってコスト意識を見せつけられるとより改めてそう思います。

 

 

考え方はひとそれぞれ

以上、カタログ取り寄せから考える良いハウスメーカーでした。

今回は2つの点から考えましたが、特に「コスト意識」の観点からの考えた方は人それぞれです。

そのコストが本当に必要だと感じる方にとっては良いハウスメーカーですし、そのコストが無駄だと思う私に様な人間にとっては敬遠するハウスメーカーです。

注文住宅を考えている方に対して、カタログ請求は本当にお勧めできます。

素人が書いている(このブログもそうですが)注文住宅を語っているブログよりよっぽと役に立ちます、とだけお伝えしたいです。

 

 

 

コメントする

タイトルとURLをコピーしました